産業廃棄物処理 再生資源原料各種 特別管理産業廃棄物 事業所系一般廃棄物 計量証明

環境世紀

環境からより多くのものを得ようとして環境に大きな負荷を与えてきた20世紀は、終わりました。21世紀は、環境の持つ価値を重視し、環境と共に生きる「環境の世紀」にしていかなければなりません。環境負荷を減らし、世代を通じて生活の質を高めながら将来世代と環境の恩恵を分かち合うという意識革命や、これが生み出す技術革新等によって、くらしや社会経済活動にさらに大きな発展が生まれます。こうした発展を「産業革命」や「IT革命」に続く「環境革命」と呼ぶことができます。私たち一人ひとりが行動することで、環境の世紀に新たな可能性が開けます。 (平成16年版環境白書より)

 

再生資源原料各種 産業廃棄物処理 特別管理産業廃棄物 事業所系一般廃棄物
建設工事・とび土工工事業
中古車査定業務

 

エコランド常総グリーン事業部発足 2005.4

梅木商会と勝田環境株式会社との提携事業、バイオマス事業がスタートしました。バイオマスとは生物(バイオ:bio)と量(マス:mass)を表す概念で、一般的には「再生可能な、生物由来の有機資源で化石資源を除いたもの」をバイオマスと呼んでいます。

バイオマスの種類は多岐に渡りますが、廃棄物系のもの、未利用のもの及び資源作物(エネルギーや製品の製造を目的に栽培される植物)があります。
廃棄物系のものとしては、廃棄される紙、家畜排せつ物・食品廃棄物・建設発生木材・製材工場残材・黒液(パルプ工場廃液)・下水汚泥・し尿汚泥 等があげられ、未利用のものとしては、稲わら・麦わら・もみ殻・林地残材(間伐材、被害木等)等が、エネルギー作物としては、さとうきびやトウモロコシなどの糖質系作物やなたねなどの油糧作物があげられます。

今般、スタートしたバイオマス事業内容は、バイオマスの中でも廃棄物「木屑(パレット、枯れ枝、根等)、草」等に特化し、新たに開設した保管場所(エコランド常総)を中継基地として近隣地域から排出される前述のバイオマスを一時的に保管し、そこで全量分別選別し最終的に勝田環境崖Cへ搬入することになります。このエコランド常総を開設することにより大幅に物流コストを引き下げることになり、排出者が負担する廃棄物処理費用に還元することが可能になりました。

 

廃棄物及び清掃に関わる法律の改正により「野焼き行為」が一切の禁止行為となりました。お困りの「木屑(パレット、枯れ枝、根等)、草」などを処理します

一般廃棄物の管理票(マニフェスト)の発行により排出事業者も適正処理の確認ができます。更に計量証明事業(台貫)施設も完備しており排出事業者に安心を提供いたします。

受入処理費用

エコランド常総として、廃棄物の費用を 下記の通り20 円/kg 〜( 処分費、運搬費含む ) と設定させて頂いております。 (排出現場への引取り・積込みの場合、別途料金がかかります)

@木の根   25円/s
A竹及び根  32円/s
Bその他   20円/s
         (*すべて税別)

 

連絡先

  • (有)梅木商会
  • 電話 0297-27-2322
  • FAX 0297-27-2336