産業廃棄物FAQ

茨城県環境対策課に寄せられた質問から抜粋したものです

 

Q1) 産業廃棄物の減量化及び有効利用については

産業廃棄物の減量化及び有効利用を推進するため、廃棄物の有効利用、処理、また廃棄物処理施設の設置について相談窓口を開設しています。
お問い合わせ先 茨城県廃棄物再資源化指導センター  電話029-301-7100
((社)茨城県産業廃棄物協会内)

 

Q2) 廃棄物処理施設を設置する場合の手続きは

ごみ処理施設、中間処理施設または最終処分場を設置するときは、知事の許可若しくは届出が必要となります。

  お問い合わせ先 地方総合事務所環境保全課または県廃棄物対策課へ。

 

Q3) 産業廃棄物の不法投棄又は野焼きを発見したときは

 産業廃棄物を不法に投棄したり、野焼きをすることは法律で禁じられています。
  県では、そのような行為を未然防止及び早期発見のため、フリーダイヤル「不法投棄110番」を設置し、県民の皆様から情報を収集し、行為者に対し、適正処理の指導を行っています。

  連絡先は、不法投棄110番 フリーダイヤル:0120-536380

   5   3     6    380
   いつもみんなでむらなくみはれ

 

Q4) 家畜排せつ物の処理に関する相談は

 家畜排泄物の処理には、多種多様な方式があり技術的にも複雑で難しい問題があります。施設設備を考えている方は、助成や融資制度もありますので、各地方、各地方総合事務所畜産振興課又は農業改良普及センターにご相談ください。また、平成11年11月1日から施行された「家畜排せつ物の管理の適性化及び利用の促進に関する法律」に関する相談も畜産課及び地方総合事務所畜産振興(農林・農業)課で受け付けています。くわしくは、地方総合事務所畜産振興課、農業改良普及センター、県畜産課へ。

 

Q5) 産業廃棄物処理業をはじめるには

 産業廃棄物の収集・運搬、中間処理または最終処分を業としてはじめるときは、知事の許可を受けなければなりません。 申請手続き等については、県生活環境部廃棄物対策課にお尋ねください。
  なお、申請手続きを詳しく紹介している「産業廃棄物収集運搬業の手引き」が発行されています。

  連絡先:社団法人茨城県産業廃棄物協会(TEL 029-301-7100)

 

Q6)環境ラベルやマークの意味について知りたい
 環境ラベルやマークには次のようなものがあります。
 アルミ缶についているマークで、アルミニウムで作られた缶の分別収集が容易に行われるよう、材質を識別するものです。
 スチール缶についているマークで、スチールで作られた缶の分別収集が容易に行われるよう、材質を識別するものです。
 ニカド電池についているマークで、ニカド電池の分別収集が容易に行われるよう、材質を識別するものです。

PET(ポリエチレンテレフタレート)製の容器(ペットボトル)であることを識別するマークです。

ペットボトルのリサイクルのページへ

 PET(ポリエチレンテレフタレート)以外のプラスチック製容器包装(「飲料、しょうゆ用PETボトル」を除く)であることを識別するマークです。
 紙製の容器包装(「段ボール」及び「アルミニウムを使用していない飲料用紙パック」を除く)であることを識別するマークです。
 PETボトルリサイクル推奨マーク。ペットボトルをリサイクルして作られた成型品などに表示されているマークです。
 エコマーク。生産から廃棄までのライフサイクルを考慮して、環境保全に資する商品として認定されたものに表示されています。文具や衣料品、雑貨など幅広い商品が認定されています。認定基準は、 ホームページ で情報を得ることができます。マークの下に「プラスチックの再利用」「ごみを活かす」「何度も使える」「オゾン層の保護」「無漂白」など環境保全効果が簡単に表示されています。詳しいことは、(財)日本環境協会エコマーク事務局(TEL03-3508-2653)までお問い合わせください。商品情報は ホームページ で見ることができます。
 グリーンマーク。トイレットペーパー、ノート、コピー用紙など古紙を40%以上再生利用した製品に表示されています。詳しいことは、表示承認を行っている(財)古紙再生促進センターグリーンマーク実行委員会事務局(TEL03-3541-9425)までお問い合わせください。
 国際エネルギースターロゴ。待機電力の基準を満たした省エネルギー型のOA機器であることを示すマークです。対象品目はコンピュータ、ディスプレイ、プリンタ、ファクシミリ、複写機、スキャナ、複合機の7品目です。詳しいことは、(財)省エネルギーセンター(TEL03-5543-3330)の ホームページ で情報を得ることができます。
 再生紙使用マーク。Rマークともいい、ポスターやパンフレットなど再生紙を使用した印刷物に表示されています。Rの横の数字が古紙配合率を示しています。詳しいことは、全国ごみ減量化推進国民会議(TEL03-5804-6281)までお問い合わせください。
 TREE FREEマーク。(財)日本環境財団(TEL03-5521-1770)が認定する非木材を使用した紙類に表示されています。
 リサイクルマーク。(社)食品容器環境美化協会(TEL03-5472-4824)が、空き缶の散乱防止とリサイクルの推進を図るために設けている美化マークです。
 非木材紙マーク。地球環境と資源問題に対処するために非木材繊維(ケナフなど)を利用した紙製品などに表示されています。詳しいことは非木材普及協会(TEL03-5643-5628)までお問い合わせください。
 大豆油インキ使用マーク。アメリカ大豆協会の規定をクリアしたインキを使用した印刷物に表示されています。詳しいことはアメリカ大豆協会日本事務所(TELO3-5563-1414)までお問い合わせください。
 有機JASマーク。JASの有機農産物基準に基づき認定されたマークです。詳しいことは(社)日本農林規格協会(TEL03-3249-7120)の ホームページ で情報を得ることができます。

省エネ性マーク。蛍光灯器具、エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫の5つの家電製品のカタログに、当該製品が国の省エネルギー基準をどの程度達成しているか、%で表示するもので製品選択の際の性能の比較に役立ちます。基準達成率100%以上のものは緑色、それ以外は橙色で表示されます。詳しいことは、(財)省エネルギーセンター(TEL03-5543-3017)までお問い合わせください。同センターの ホームページ でも情報を得ることができます。

 

 牛乳パック再利用マーク。牛乳パックを再利用したトイレットペーパーなどに付けられるマーク。
 FSC認証制度(森林認証制度)。森林管理が適切であることを示す「森林管理の認証」と、その森林からの木材・木材製品であることを認証する「加工・流通過程の管理の認証」の2種類の認証制度です。
 低排出ガス認定車ステッカー。自動車の排出ガス低減レベルを示すマーク。超★★★(有害物質を75以上%低減)、優★★(50%以上低減)、良★(25%以上低減)の3段階があります。
 エコショップマーク。環境を考えた取り組みを実施している小売店を茨城県が認定したマーク。
 間伐材マーク。間伐材や間伐材利用の重要性を知ってもらうため、間伐材製品等に付けられているマーク。
 PCグリーンラベル。環境に配慮したパソコンの設計・製造や情報公開などに関する基準をクリアした製品に付けられています。
Q7)近年、容器包装のゴミを分別して出すようになっていますが、その理由は

 ビンやカンなどの容器包装のリサイクルを進めるための法律ができたためです。

 

Q8)容器包装リサイクルについての法律ができた理由は

 日本ではこれまで燃やして埋めることがごみ処理の中心でしたが、このままでは最終処分(埋立)する場所がなくなってしまうため、ごみの容積の約60%を占めている容器包装のリサイクルを進めることにしたためです。

 

Q9)容器包装のリサイクルを進めるためということですが、容器包装とは何ですか

 法律で決められている容器包装は次のとおりです。

ア ガラスビン(無色、茶色、その他の色)
イ PETボトル
ウ カン(スチール、アルミ)
エ 紙パック
オ 段ボール
カ 白色トレイを含むプラスティック製容器
キ 紙製容器

 

Q10)プラスティック製容器と紙製容器が容器包装に含まれるということですが、具体的には何ですか

 具体的には、次のとおりです。

ア プラスティック製容器……卵のケース、カップラーメンの容器など
イ 紙製容器……菓子箱、ティッシュの箱、お酒・贈答用の化粧箱など

 

Q11)法律で容器包装が決められているということですが、自分の住んでいるところではすべて分けて出すようになっていませんが

 何を具体的に分けて集めるのか、また、どのような方法で集めるかについては市町村(組合)で決めることになります。詳細につきましては、お住まいの市町村(組合)にお問い合わせください。

 

Q12)リサイクルのためとはいいますが、住民だけに負担を強いるものではないのか

 この法律は、住民の方だけに負担を強いるものではなく、容器包装を製造、使用している事業者の方にはリサイクルの義務、市町村には分けて集める義務が課されており、リサイクルをスムーズに進めるにはそれぞれが役割を果たすことが必要ですので、ご協力願います。

 

Q13)集められた容器包装はリサイクルされて、何になるのですか

 集められた容器包装は、次のとおりリサイクルされます。

ア ガラスビン(無色、茶色):ガラスびん原料
イ ガラスピン(その他の色):建築資材
ウ PETボトル:プラスティック原料
エ カン(スチール):製鉄原料
オ カン(アルミ):アルミ原料
工 紙パック、段ボール:製紙原料
力 白色トレイを含むプラスティック製容器:燃料、化学原料
キ 紙製容器:建築資材

 

Q14)なぜ、家電リサイクル法が作られたのですか

 家庭から排出される廃棄物は基本的に市町村が収集し、処理を行ってきましたが、粗大ごみのうち、家電製品、金属、ガラスなどの有用な資源が多く含まれるものの、市町村による処理・リサイクルが困難で大部分が埋め立てられている状況にありました。
  このように、家電製品のリサイクルの実施を確保することは、このような状況に対応し、廃棄物の減量、資源の有効利用に大きく貢献するものであるため、家電リサイクル法が制定されたものです。

 

Q15)リサイクルを進めるために家電製品(特定家庭用機器)を使用し排出する消費者・住民や事業者は何をすべきなのですか

 まず、消費者及び事業者は、特定家庭用機器を使用する者として、正しい使用方法の遵守や修理の励行、不必要な買替えの抑制などにより、できるだけ長期間使用することが求められます。
  また、消費者及び事業者が特定家庭用機器廃棄物を排出する場合は、小売業者に引き渡すことが求められます。
  さらに、消費者及び事業者は、小売業者の求めに応じ料金の支払いに応じることが求められます。

 

Q16)どのようなものが特定家庭用機器になるのですか

 現在、特定家庭用機器としてこの法律の対象となるのは、以下の4種です。

(1)ユニット型エアコン
(2)テレビ
(3)電気冷蔵庫
(4)電気洗濯機

 

Q17)きちんと製造業者等に引き渡され、リサイクルされることになるのですか
 小売業者は特定家庭用機器廃棄物を引き取った場合、再度使用される場合を除いて、製造業者等に引き渡さなければなりません。

  なお、リサイクルの流れについては次の図のとおりです。


Q18)家電製品(特定家庭用機器)はどのようなリサイクルが可能なのですか

 近年の家電製品は、鉄・アルミ・銅といった金属やプラスチック類を素材とするものであり、テレビについてはブラウン管のガラスが大きな重量を占めています。例えば、鉄・アルミ・鋼といった金属については、金属製品の原料として再生利用が可能です。また、プラスチック類については、熱回収(サーマルリサイクル)を行うことができるとともに、再度プラスチック製品の原料などの原材料として再生利用される可能性が高まっています。ブラウン管のガラスについては、再度ブラウン管用のガラスとして利用できるほか、様々なガラス原材料としての再生利用が可能です。

 

Q19)「料金」とは具体的に何ですか
 料金とは、特定家庭用機器廃棄物の収集運搬料金、そしてリサイクルのための料金の2つがあります。

●料金の請求方法は……
(1)小売業者が排出者から引き取る際に、収集運搬料金とリサイクル料金をあわせて請求する場合
(2) リサイクル料金はあらかじめ排出者が製造業者等に支払い、小売業者は排出者から引き取る際に収集運搬料金のみを請求する場合があります。
再商品化料金

テレビ   2,700円
エアコン  3,500円
冷蔵庫  4,600円
洗濯機  2,400円

 

Q20)環境問題(地球環境、自然環境、公害、水・大気・土壌、廃棄物・リサイクル)について相談したい

 県の環境業務担当窓口については、 こちら です。

 

Q21)生ごみ処理機への補助について知りたいときは
 生ごみ処理機の購入に補助を行っている市町村もあります。 お住まいの市町村役場の環境担当課にお問い合わせ下さい。